「新北海道スタイル」感染者急増の今、新型コロナウイルスについて知っておきたいこと

こんにちは、ピスチコ(pis_chiko)です。

あなたは新型コロナウイルスが恐いですか?

「コロナなんてただの風邪だからなったらなったでいいや」と思いますか?

 

どちらにしてもこの世界にこのウイルスがやってきてからもうすぐ1年。

まだまだわからないことだらけで、はっきりしないことばかり。

新型コロナウイルスは人に感染するコロナウイルスとして、新しく見つかった7番目のウイルスです。

コロナの運び屋になりたい?

ウイルスは単体では自己増殖できないので、他生物の細胞を利用して生き延びていく。

「なったらなったでいいや」を口に出して言う人も、実はビビッていることを願います、なぜならあなたの運んだウイルスがどこかで誰かを殺してしまうかもしれないから。

それが大切な人ならどうする?知らずに自分が無症状陽性だったらどうする?

 

新型コロナウイルスってやつはひそかに人の身体を乗っ取って、感染しても検査で陰性がでることもある。

そうかと思えば心臓に侵入して心不全を起こしたり、肺に血栓を作り呼吸不全を起こしたりする。

日本に朝が来る頃そろそろ真夜中を迎える国では新規感染者が約1万人、死亡者が約300人なんてことにもなってる。

 

それでも運んでみる?コロナウイルス。

濃厚接触者の定義

いまだにわからないことだらけの新型コロナウイルスですが、わかってきたこともあります。

今現在の濃厚接触者の定義は次の通り。

発症した2日前から発症7日前後の間の期間に、1メートル以内の距離で、相手がマスクなしで15分以上の接触があった場合。

相手がマスクをしていた場合、濃厚接触者にあたりません。

発症する2日前から発症7日前後が人にうつしやすく、発症8日目以降は少しずつ体内からウイルスが減っていきますが、10日目くらいまでは注意が必要です。

感染の48~62%は無症状の患者からの感染といわれています。

感染防止の基本

マスクをしましょう!

マスクは日常生活において、飛沫感染や接触感染を防止します。

エアロゾルによる感染は3密でない限り心配ありません。

さわらないのが安全ですが、顔にさわるときには消毒か手洗いを。

手指衛生に努めましょう!

新型コロナウイルスはアルコールに弱く、洗剤に含まれる界面活性剤も効果的。

衣類などに付着したウイルスは約80度のお湯に15分つければ死滅します。

手指衛生を保つことで、接触感染のリスクから身を守ることができます。

3密は避けましょう!

無症状の人も人にうつすので、3密は危ないです。

どうしても集まらなければいけない時は対面に座らない、少しズレて正面ではなく斜めに座るだけでも感染のリスクが下がります。

大声ではなく静かに会話するのも大切、そして30分ごとの換気が必要。

その自信どこからくるの?

感染者はきっと、発表されている数よりもたくさんいるはずです。

感染症にとても偏見のあるこの日本で、感染したら隠したくなるはずだから。

その反面で「自分だけは大丈夫」と思っている人が多いのも事実。

 

エビテンスが薄い話をうのみにせずに、信頼できるメディアから情報を得るべきです。

感染者が増えてきた今、「新北海道スタイル」を国が定義しています。

いずれは新型インフルエンザのように、季節性の風邪の一種になっていくと思われる新型コロナウイルス、今はまだ油断できません。

 

逆に言うと感染防止の基本を守れば、過度に恐れる必要もないわけです。

悔やんでも悔やみきれない状況にならないためにも、マスク・手指衛生・3密回避を守りましょう。

マスクをした状態で感染者とすれ違っても感染しません。

感染してしまったかも⁉

今ほとんどの病院に「発熱外来」が設けられ、とても心強い状況です。

もしあなたが「新型コロナウイルスに感染してしまったかもしれない」場合は、病院へ行く前に保健所に連絡してください。

PCR検査で陽性となったら、あなたの行動履歴を詳しく聞かれることになります。

 

2週間ぶんの行動履歴のメモが必要。

ルーティンを外れてイレギュラーな行動をするときは、特に注意が必要です。

前でも触れたように、無症状陽性の人が周りにたくさんいるかもしれないことを忘れないでください。

 

感染防止の基本を守りましょう。

感染ルートがわからないケースが増え、これから身近に迫って来るのは確実です。

外食時は少しの工夫で感染を防げます、向かい合って座らないこと、換気をすること、そして会話はマスクをして。

経済のはなしを最後に

再び緊急事態宣言並みの強い措置が施行された場合、もっとお気に入りのお店がなくなりそうで心配です。

新型コロナウイルスも恐いけど、日本の国がこの先どうなるか?も非常に心配。

強いと言われてる大手の起業でも、ひそかにリストラがはじまっています。

 

もちろん日本に限った話ではなく、国の助けを必要とする人が増えています。

イギリスが11月5日から4週間、ロックダウンに入りました。

ロンドンの美しいクリスマスの街並みは有名で、11月半ばから観光もさかんになりイベントが開始されますが、今年は中止になってしまうでしょうね。

 

北海道でロックダウンはありませんでしたが、「緊急事態宣言」が経済に大きく影響しました。

11月7日から警戒レベルがステージ3に引き上げられます、病院の状況やこれから向かう本格的な冬への対策もふまえた措置だということです。

経済が動くと感染が広がり危険ですが、再度止まってしまうのも危険だと思うのです。

 

感染者の数や報道に深刻にならず、今できることを。

ピスチコ
これからの季節、窓を開けての換気は勇気がいるな…

TwitterInstagramで当たり障りのない情報発信中です。

ABOUTこの記事をかいた人

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、中2娘、小3息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 受付中