「ガラスの仮面50巻」が最終巻になると予想、そして発売日はいつ?

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

こんにちはピスチコです。

思えば最初に北島マヤに出会ったのは、中学生のとき。

きっかけは友達から借りた「ガラスの仮面12巻」

 

 

マヤがヘレン・ケラーを演じるシーンで、ライバルの姫川亜弓のお母様がサリバン役、

2人の熱いやりとりにすっかりどっぷりハマる。

古本屋に通って1巻から少しずつ集めて、何巻まで集めたかは忘れてしまった。

 

 

その後成長した私は、もう大人だから漫画を卒業しようと処分

処分しちゃったんです、あっさり。

あの頃は潔かった。

 

 

注:この先ネタバレ的な内容が含まれますので、ガラスの仮面49巻までをまだ読んでいない方はご了承の上お読み下さい。

不揃いなコレクション

結婚してから、ある日突然「ガラスの仮面」を読みたくてたまらなくなる。

仕方がない、また1巻から買おうと本屋さんで、文庫サイズを発見。

1冊あたりの単価は高いけど、内容は2冊~3冊分ありそう。

 

 

 

ところがこの文庫本の23巻が出たあと、その続きは漫画本サイズの単行本で先に出たので、

買っちゃうでしょ、待ちきれないもの。

その結果私の「ガラスの仮面」は

こんな感じに。

これで今読める、ガラスの仮面のストーリーがすべて揃っています。

思えば49巻が発売されたのが2012年10月5日、

あれから5年、もう、忘れちゃう

 

 

 

2016年の夏「別冊花とゆめ」に50巻の一部が読める付録がついた。

だから、きっともうすぐだと期待してから1年。

50巻早く出て、今この状態は生殺し。

 

 

 

50巻で終わると勝手に予想

待ちくたびれたのもあるけど、何より紫織さんが心配。

この後、速水氏のマヤへの気持ちに耐えられず手首を切るんですが、それからかなり病んでいきます。

©美内すずえ

49巻ではほとんどのシーンで白目を向いている、度重なる数々の奇行。

セレブで美しい方なのに、この展開。

 

 

もっと気がかりなのは、亜弓さん。

失明寸前なのに「紅天女」の試演まで手術をしないと言い張っています。

見ていられません、稽古シーン切なくて。

この状態を見る限り……

 

 

あきらかに終わりにしたいでしょ。

終わる気まんまんだと思うんです。

それに最終的に「紅天女」を亜弓とマヤのどちらが演じるか、もうすぐ決まります。

©美内すずえ

49巻で真澄とマヤもこじれて和解せず、誰ひとり幸せではありません。

マヤはやっと紫のバラの人に会えるのでしょうか?

もう、会わせてあげて。

 

 

この先どうなるのかを見届けたいのもあるけど、

「キャラ達を楽にしてあげたい」という気持ちも芽生えてきて

50巻で、もうそろそろいいんじゃないかと。

 

 

 

これだけの大作を創り上げた美内すずえさんはすごい。

連載ストップや50巻の発売の遅さに、いろいろな憶測が流れていますが。

連載40周年、おめでとうございます。

 

 

 

美内すずえ先生について

美内 すずえ(みうち すずえ、本名:西尾 鈴江)

1951年2月20日生まれ

日本の漫画家

兵庫県生まれ大阪府大阪市西九条出身

既婚者

引用:ウィキペディア

美内すずえさんは現在66歳、最近の舞台挨拶の感じではお元気そう。

実家は理髪店で幼少期はよく映画を見に行ったそうです。

そして手塚治虫さんの漫画にハマり、母親から漫画を読むことを禁止され、

それならば自分でと、漫画を描き始めたそうです。

 

 

宗教がらみの噂もありますが、厳密に言うと宗教ではないみたい。

Wikiによると、「O-EN NETWORK」という精神世界を追求する団体を今も主宰しているそう。

こんなに深い作品を手がけていると、きっといろいろ大変だと思うし期待されるって、荷が重いと思う。

 

 

 

ラストはもう決まっている

なんでも、20年も前からラストシーンは完成しているんだとか。

ネットでは「5年も待たせるな」、「さっさと続き描け」など様々な声が飛び交っている。

美内先生は他にも未完成の作品が3つくらいあるし、きっとじっくり考えて進むタイプ。

 

 

 

ガラスの仮面のキャラ達のこの表情が大好き。

ずっとこの顔でストーリーが続くわけではないですよ。

でも、この「THE・白目」こそこの漫画の好きなところ。

ガラスの仮面でマヤと亜弓のどちらかが演じるであろう、「紅天女」ですが、

これは舞台劇として、美内先生監督で実際に演じられているとか。

 

 

 

やっぱり「ガラスの仮面」は漫画が面白い。

オリジナルを生み出すのはすごく大変なことだとわかっています。

来年の春くらいには、50巻の気配を感じられますように。

「no music no life」を100パーセント本気で言ってみよう!「歌もダンスも大好きだ」

2017.09.22







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ