「悪い例」Googleアドセンスに通らないサイトを見てみよう、何が足りない?

こんにちは、ピスチコ(pis_chiko)です。

こっそりWebサイトを作るのが私の趣味。

さて、今回は恥をさらそうと思います、笑いのネタになるといいな。

 

ブログでお金を稼ぐなんてそうそう甘くないのよ、でもねお小遣い程度でも収入があればモチベーション保てるからそれでいいのです。

そうして不思議なことに必死に記事をあげていたころより今の方がページビューがアップ、モチベーションさらによき。

これからもピスチコネット、よろしくお願いいたします。

ダメな例

こちらのサイトをご覧ください。

帯広ランチサーチ

去年の後半Wordpressの有料テーマを新しく購入しました、素晴らしく洗練されて操作性もわかりやすい。

 

しかも使い放題!購入したら複数サイトでどうぞどうぞ。

SEO系、キャッシュ系プラグインが全く必要ない、しかも表示が早い。

AMPもボタン一つで対応、HTML5対応、やってみたいこと試せる、よきよき。

 

モチベーションアップのおまじないでアドセンスに申し込む。

1回目→「アドセンスポリシー違反です。

プライバシーポリシー作るの忘れていたので、手直し。

 

2回目→「広告を掲載する準備ができていません。

えーできてますけど…やる気あるんですけど…。

準備ができていない?ざっくりすぎて、どこを直せば良いのやら。

 

はっきりは教えてくれないのですよGoogle先生は、いつもそうなんです。

特にアドセンスに関しては、打たれ弱いタイプのサイト管理者はたちうちできません。

数年前より難しくなってるそうで、以前は一度アドセンスに合格すれば同じ管理者の複数のサイトで広告掲載可能でしたが、今は一つずつ認めてもらわなければいけないのです。

「水晶玉占い」と話しかけると?Googleアシスタントを100倍楽しむ方法

2018年5月24日

ダメな理由

Google‐Cloudとライトアップされたビル

もうこのサイトはアドセンスは通らないと思う、デザインは気に入ってるけど大半はテーマのおかげ。

アフィリエイトでUberEatsの広告掲載の審査に受かったものの、「帯広ランチサーチ」ってネーミング、考えたの誰ですか?あ、私、わ・た・し。

なかなかUberEatsは帯広へやってこない、勘違いさせるような広告掲載は罪。

 

何がいけないのかわかっています。

何年か前に全く大したことないのにピスチコネットが一発でアドセンスに合格した理由もわかります。

Google先生がずっと語り継いでいる大切なあれ。

 

あれがないんです、あれが。

ネーミングセンスのなさではありません。

「帯広・ランチ」ともにすごく狙ったペルソナがいけないわけでもありません。

 

オリジナリティですよ、オリジナリティー、オリジナリティがないんです

こんなの食べログでいいじゃん、ってことです。

もう返す言葉もありません。

Googleのサイトポリシーをしっかり読んだ結果「主役はあなた」なので教えちゃいます

2018年1月8日

ダメはダメなりに

オリジナルの文字が書かれている辞書のページ

ではでは、オリジナリティを出せばいいのね。

個人的に無機質なものを作りたかったわけ、感想など最小限に抑えて電話帳や辞書みたいなサイト。

たしかにオリジナリティって言われると弱いわね。

 

無理やり方向転換しても今さら遅いでしょう。

だからもういいや、自分が楽しむサイトにして飽きたら抹消しよう。

たまたま検索してたどり着いた誰かの役に立てたらもうそれでいいわ。

 

このようにサイト管理者があきらめた場合もう終了です。

何か面白いことないかな?

日々アンテナを立てて探しているのですが、なかなか見つかりませんね。

 

サイトのコンテンツが第一、収益化の手間は減らして、コンテンツの制作に集中しましょう。

Google先生、も少しかみ砕いて…要するに?

外見ではなく中身で勝負しろと?

 

集中しろとは、書くことにですか?

コンテンツ=中身

中身の充実、そういうことでいいでしょうか?

 

さて今年はまだ始まったばかり、ユーザーフレンドリーなコンテンツがたくさん生まれますように。

ユーザーフレンドリー

使う人に優しいよ

スマートフォンを触りながら外に座っている若者達

GoogleとAppleが「スマートフォンを使いすぎないように」と忠告する理由

2018年7月5日

アドセンスの合格通知ってなんだかものすごく嬉しい。

大人になって一番嬉しい合格通知だった。

アドセンスに合格しても美味しいものに関するサイトはすでにレッドオーシャン。

 

さて今回はGoogleアドセンスに2回落ちただけで心折れたというお話でした。

「良い例」も紹介できたら良いのですが、なんかえらそーな内容になるのは嫌なんです。

なのでまた失敗してもいいので面白いことに挑戦します。

ピスチコ
今年すごく寒くて凍えてます、もう春が待ちどおしくて、夏が恋しくて…

TwitterInstagramで当たり障りのない情報発信中です。

ABOUTこの記事をかいた人

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、中3娘、小4息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 受付中