ググってる場合じゃない?情報過多を元から絶つ簡単な方法

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!

こんにちはピスチコです。

10月最後の週末は旭川にて、ライフオーガナイザーが集う

素敵なお茶会」に参加させていただきました。

ケーキセット:コーヒー&パンプキンパイ

 

 

 

出会いって素敵なものですね。

なんていうか、私は初めて会う方にはぎこちなくなってしまうので、

楽しく会話ができるまで時間がかかる、厄介な大人です。

 

 

 

しかも3名以上の方に注目されると、緊張のあまりうまくしゃべれません。

友達なら緊張しないのに、なぜかライフオーガナイザーの方達に囲まれると緊張してしまいます。

みんな優しい方ばかりなのに!なぜなの?

何かを調べたい、そんなときどうする?

目の前に知らない言葉が現れました、「さぁ、あなたはどうする?

とりあえずググって1番最初のリンクを踏みますよね?

リアルタイムを求めるならハッシュタグを使い、Twitterで検索するのも便利。

 

 

 

すごいですよねインターネット、今は何かを調べたいときには、

どこかの物知りさんに質問できたり、

「これで解決したよ」って感じのブログを読んで

スッキリできるんですから。

 

 

 

最近の若い方々はInstagramTwitterを検索に使いGoogle離れを起こしているそうです。

Googleがしてくれている最適化(SEO)を好ましく思わない人も、もちろんいるわけで。

たしかにすべてにおいて100%だとは思いません、でもSEOがあることで山ほどある記事の中から

あなたにあった検索結果を選んで表示してくれているのも事実です。

 

 

 

Googleのフィルターはとても正義だと思います、

でもそのフィルターがあることで逆にたどり着けない結果もあることを、

敏感な若者たちは察知したんでしょうね。

 

 

 

やっぱり紙派なの

すぐにたどり着ける物もあれば、検索しながら自分の中で迷うと大変。

PCならまだ見やすいですが、スマホで長時間の捜し物は少々疲れます。

やっぱりペラペラとめくる紙のカタログが気楽に感じる今日この頃。

 

 

 

それにやっと見つけてたどり着いたのに売り切れなんて!

情報が古すぎて使えないとか、ページがなくなっていたり。

ちょっと今までの苦労は水の泡?的な結末には耐えられないのです。

 

 

 

気になったページの端をちょっと折り込んで印をつけたり、

付箋を貼っておいたり、アナログな感じが好き。

電話の注文はだいたい繋がらなくてイライラするけど、人と話さないと解決しないこともやっぱりあるんです。

 

 

 

 

情報の入り口を封鎖

 

SNSの封鎖

自分が落ちているとき、Facebookで誰かが活躍しているキラキラ投稿を見て、

元気をもらえるタイプの人と、余計に落ちるタイプの人がいると思います。

疲れちゃう人は見ないのが1番、SNSはある意味バーチャルな世界、嘘でもないけどリアルでもない。

 

 

 

SNS全般に言えますが、自分のペースで付き合っていくものだと思います。

LINEは既読がつくので読んだらわかりますよね、

すぐ返信できる人もいれば考えてからじゃないと返せない人もいます。

 

 

 

ネットショッピングの封鎖

私も実は悪い癖があって、お気に入りのお店の新着情報を常にチェックしてしまいます。

最近ネットではそこでしか購入しないので気になるのもあるのですが、ほぼ毎日なのでどうなのかと。

そして見ていると欲しくなる、楽天などのトップページにはつい押してしまうバナーがいっぱいですよね。

 

 

 

それが楽しみでやっているならいいんですが、なんだか見なきゃいけないような切迫感にさいなまされて、

しばらくネットショッピングをやめました。

店頭に行って試着したり、直接触れて確かめる感覚が恋しくなったのかも知れません。

 

 

 

スマホもちょっとだけ封鎖

ガラパゴスだった頃は簡単だった画面メモですが、

アンドロイドやアイホンではアプリを入れるかスクリーンショットを使うしかなくなりました。

でも今思うと、これだけ情報が更新され続ける現在、画面メモは必要ないのかも知れません。

 

 

 

スマートホンが登場したことで、PCに劣らないくせに小さくて持ち歩ける最強端末が現れました。

Webサイトはモバイルを意識し、スマホで見やすいように変化。

スマートホンは便利すぎて、すぐ手に取れる情報の小悪魔です。

 

 

 

だから、たまにはスマホもPCもお休みして、情報を探しに図書館やお店に出かけませんか?

本当に必要な、すごく新鮮な出会いがあるかも知れません。

目の前に次々に現れては消えていく情報、いる・いらないの区別が難しい。

 

 

 

今日も子供達が学校や保育園から、プリントをもらってきます。

メルマガやDM、テレビやラジオで配信された何かがあなたの心に刺さるでしょう。

放っておいても情報は毎日やってきますから。

SEOって何ですか?

コンタクトレンズってすごく大変です

パレートの法則でオーガナイズ



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー