ブログとホームページ、その違いを超簡単に説明します

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、ホームページデザインが趣味

常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

ブログってなんぞや

こんにちは、ピスチコです。

「ブログは書いているけど、ホームページはまだないの。」なんて言ってる友達がいたので、今もっとも進化した形が「ブログ型ホームページ」なんだよと言ってはみたけど、伝わりませんでした(笑)

ブログはページ更新型のウェブサイトの一種です。

商品の紹介をブログに書いて、アフィリエイトで成果をあげている人もいたり。

自分の持ってるスキルを発信して、集客の場にもなります。

日記帳に書くんじゃなくてブログに日記を書いた場合、誰かが見てくれるかもしれません。

運が良いと共感してもらえたり、毎日読んでくれる人に巡り合えるかもしれないですよ。

そのためにも「私はこれが好き」と毎日書き続けましょう。

facebookですごい素敵なことを書いてる人がいると、正直もったいないな~と思います。

facebookの記事は後から見返してもらえる確率が低く、他の投稿に押されてフィード上に表示されなくなってしまうからです。

facebookでついつい長々と書いてしまうって方は、ブログを始めてみたらいかがでしょうか?

始めたら教えて下さいね、訪問させていただきます。

 

 

 

ホームページってなんぞや

もちろんブログもホームページでありウェブサイトの一種です。

そこの区切りが最近、あいまいになりつつあります。

でも今、ネット上の情報を見る限り、ウェブサイトのことを「ホームページ」と呼ぶ方が一般的です。

 

詳しくはウェブで

 

ピスチコネットで検索

 

なんて言うのも結局は「ホームページを見てね」ってことです。

でもこれは正式な言葉ではなく、本来ならウェブサイトと呼ぶべきだそうです。

HPなんていう省略も国外では意味が伝わらないそうなので、インターナショナルを目指す方はウェブサイトと認識して下さい。

でもわかりやすいのが一番、ホームページでいいんじゃね?と内心思っております。




放置プレイは『あり』か『なし』か?

結局、トップページのデザインで受ける印象が変わるだけで、どちらも同じウェブサイトです。

ホームページを何のために作るかによって、その役目が違います。

  • 会社の概要・提供する商品・サービス内容を掲載して情報を見てもらう「コーポレートサイト」
  • 商品・サービスの効果や効能・利点等の情報をユーザーに伝えて、利用・購入・お申込みをしてもらう「マーケティングサイト」など

 

 

SNS繋がりで見てもらえるだけで良い、実際お会いした方に名刺などで告知できれば良いなら、ウェブ上での自分の名刺のように使えます。

名刺といっても、莫大な情報を載せられますから、リーフレット以上です、お客様が見たいときにアクセスしてもらえばいいだけ。

しかも、何か変更があったとき、内容を簡単に変えられる、作り直すのも簡単、捨てられることもありません。

外部のアクセスを積極的に集める必要がない場合は、何か変更がない限り放置もありかなと思いますが・・・

何年も更新されていないホームページを見て、「ここ大丈夫かな?潰れてないよね?まだやってるかな?」とお客様はちょっと不安になるかも知れません。

例えばお店なら新商品や、新しいキャンペーンなどを更新したり、イケメンのアルバイト君の写真などを更新していったら、お客様が増えるはずです。

最低、週に1度の更新は必要かと思います。

 

 

ホームページを更新の意味がわからない方がいたら困るので、もっとかみ砕きます。

写真を変えたり、文章を変えたり、新しい記事を追加したりすることを指します。

ウェブサイトすべてに言えるのは作成完了が「スタート地点」だということ。

たくさんの方の目に触れたい、集客の場にしたい場合は、更新がとても重要になってきます。

 

今回は超簡単に・・・なのでここらへんで、失礼いたします。

帯広市でホームページを作成しています

2017.03.25

ホームページを作る前に知っておきたいこと

2017.03.09







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ