ホームページを作る前に知っておきたいこと

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!

ホームページってどんなことができるの

こんにちは、ピスチコです。

多くの人がインターネットで検索して情報を探す今の時代。

まず、ホームページを持つメリット、自分で作ることのメリットを書いてみます。

 

 

ホームページを作るメリット

ホームページを使って、宣伝と集客ができます。

Googleの検索にヒットするようになれば、ホームページ経由で問い合わせがきたり、商品やサービスの購入につながる可能性があります。

チラシやリーフレットより文章をたくさん載せることができますし、写真、動画などでも宣伝効果を狙えます。

ホームページは何もしなくても、24時間公開されているので、深夜でもメールで問い合わせをもらうことが可能です。

きちんとしたホームページは信用に繋がります、名刺にWebサイトのURLを載せるなど使い道はいろいろ。

宣伝効果を狙うなら、ホームページをマメに更新して情報を発信していくことが大切です。

 

 

自分でホームページを作るメリット

ホームページの作成をプロに頼むと、現在の相場では十数万~数十万の費用がかかります。

自分で作れば、サーバーのレンタル費用やドメイン取得費用とその月額費用程度しかかかりません。

ちなみにピスチコネットは年間16000円程度の運営費用がかかり、月額約1300円くらいになります。

低コストで済むのが大きなメリットですよね。

自分で作ると、自由度が高く自分の希望通りの内容で制限なく作ることができます。

私もまだまだですが、表現したい内容に応じて技術を身につける必要が若干あります・・・

自分で修正ができれば、いつでもホームページの内容を最新にできますし、修正を依頼する費用もかかりません。

自分で作ろうかどうしようか迷っている方、やる気がでてきましたか?

 

 

 

ところでWordpressって何?

ホームページの作成方法は色々あります、私がなぜWordpressで作っているかというと、Wordpressは無料の自由度が高いホームページ(ブログとかサイトとか形はさまざま)作成ソフトだからです。

サイト作成技術、HTML、CSS、PHPなんてわからなくても、よくあるブログサービスのブログ更新と同じくらい簡単に更新できます。

WordPressはサーバーインストール型CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)でその名の通り、文章や写真などのコンテンツをマネジメント(管理)するシステムのことです。

簡単に言うと「ホームページをかんたんに管理・更新するプログラム」です。

CMSを使う場合、自分でページを作る必要がありません。

コンテンツの文章や写真などを管理画面から投稿すれば、自動的にページが作られます。

投稿・更新するだけなら、HTMLなどの知識は不要なので誰でも更新できます。

WordPressにはテーマやプラグインという形で機能を拡張したり、ページの雰囲気をガラッと変えたりすることができます。

カスタマイズされたプログラムを、簡単にインストールして組み込めるので、欲しい機能をプラスできます。

当ブログでも、もともとWordpressにはない機能(メールフォームやサイトマップ、目次、投稿者情報など)をプラグインでプラスしています。

セキュリテイやバックアップのプラグインも充実していて安心です。

また、ローカル環境でWordpressを試せる、Instant WordPressを使えば、ネット環境がなくても、ブログの下書きやカスタマイズの練習ができますよ。

 

 

Word press ダッシュボード(管理画面)

 

 

 

まず、決めなきゃいけないこと

ホームページの構成を考える場合、何のために作るのかという「目的」を決めます。

もし、サイトの目的が見つからない場合や、迷う場合は次の事を考えます。

  • サイトで一番伝えたいこと
  • 伝えたい相手(サイトのターゲット)

 

サイトで一番伝えたいことはサイトの構成、伝えたい相手はサイトのデザインに関わってきます。

ピスチコネットは個人ブログなので、投稿ページがわかりやすいようにデザインされています。

2クリックですべてのページにたどり着けるようにすると、シンプルで使いやすいです。

 

作る目的が決まったら

サイトに載せる内容のリストアップ

例えばお店の場合

  • お店について
  • お店までのアクセス
  • どんな商品を扱っているか
  • 営業時間について
  • 定休日について
  • イベントについて
  • キャンペーンについて
  • お問合せ先について
  • 店長ブログ
  • 求人情報

 

個人ブログの場合

  • プロフィール
  • お問合せ先
  • 自分のスキルでイベントなどをする告知
  • 自分のスキルで行うサービスへのご案内

 

ホームページ作成の流れ

 

どのような内容にするか考える

サイトを作る目的によってページの内容を考えます。

訪問してくれた方に絶対に見て欲しいページを、トップページのヘッダーに組み込んだり、ブログでどうしても読んで欲しい投稿を、1番上に固定したりもできます。

作るページを決めて、そこに何を載せるか考えます。

 

独自ドメインを取得する

独自ドメインがなくてもホームページは運営できますが、この先長く使っていきたいホームページや、信用を求める場合「http://あなたの好きな言葉.com」のようなURLが理想的です。

SEO(検索エンジン最適化)にも効果があるので、できたら独自ドメインでの運営をおすすめします。

 

サーバーをレンタルする

レンタルサーバーはいろいろありますが、Wordpressを使う場合WordPressかんたんインストールに対応しているサーバーがおすすめです。

 

WordPressをインストールする

レンタルサーバーが提供している「かんたんインストール機能」を使います。

 

デザインを決める

WordPressのテーマを決めます。

 

コンテンツを書く

ブログ型ならブログを書いていきます、お店のサイトならお店の紹介や新商品、売れ筋、おすすめなどのコンテンツがあると更新が楽かもしれません。

公開した後でもいくらでも修正可能なので、まずはどんどん投稿してみましょう。

 

機能を追加する

WordPressの説明でも書きましたがプラグインで必要な機能を「インストール」するだけで追加できます。

お問合せフォームなどは必要かと思います。

 

さらにカスタマイズする

グローバルメニュー(主要コンテンツへのリンク)やヘッダー(ピスチコネットのロゴの下の部分)フッター(コピーライトなど1番下の部分)サイドバー(最新の投稿やカテゴリー)を好きなようにカスタマイズできます。カラーやロゴも考えます。

 

ホームページを運用する

作ったら終わりではないんです(汗)ここからいかに更新して鮮度を保てるかです。

SEOに強くなるためにも、こまめな更新が必要です。

WordPress超入門:技術評論社

より一部抜粋しました。

 

 

 

さっそく作ってみようか

ホームページがあると発信できるので、個人的なサイトでも楽しいです。

ただ、「誰でも簡単にできます」とは言えないです。

ここまで、楽々来たわけでもなく、時間もかかりました。

私がこの投稿の参考にさせていただいた書籍「Word Press 超入門」は表紙に「簡単」という文字が全くなかったので思わず購入しました。

先日つまずいた、プラグイン「コンタクトフォーム7」のカスタマイズの参考にさせていただきました。

ホームページを作る流れを、ちょっと掴んでいただけたらと思います。



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー