あなたのお子様のメディアを守ろう、しっかり残そう可愛い我が子

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

形あるものは壊れる

こんにちは、ピスチコです。

お子様の写真やビデオの映像、撮りっぱなしでたまっていませんか?

ディスクにおとしたから、大丈夫?

光ディスクと呼ばれる、CD-R、DVD-R、ブルーレイディスクなど。

早ければ5年、もって20年の寿命と言われています。

いったいどうしたら、永久に残しておけるのか?

電機屋さんの詳しそうなお兄さんに、相談したことがあります。

今の時代便利ですけど、SDカード・USBメモリーやDVD-Rのままの保存は危険。

便利を逆行して不便になればなるほど、長持ちする。

カセットテープやビデオテープは実は長持ちする。

 

本当に永久に残したいのなら石に彫るのが1番です。

 

 

・・・どうやって?

 

 

 

ちょっと極論にたどり着いた感じですが、私も「消えたら困るんだ」感、出しすぎだったかも。

 

 

 

やっぱり1番のおすすめは

外付けハードディスクに保存することが比較的安全なのですが、実はこれの寿命もたいして長くはなくて・・・

個体差が激しく、1年で故障するものもあれば10年大丈夫なものも。

対策として何年かに1度ハードディスクのバックアップを取り直す、DVD-Rに焼き直しを行うなどありますが、ちょっと面倒ですね。

Blu-rayは画質は素晴らしいですが、柔らかい材質なので傷がつきやすく、長期保存には向きません。

やっぱり写真のデータは、印刷して紙にしてしまうのが安心です。

プリンターをお持ちの方が多いとは思いますが、現像に出しても、今はそんなに費用がかかりません。

写真の整理も兼ねて、現像・印刷しましょう!

もしものことがあってもお子様の赤ちゃん時代を失いません。

 

 

 

クラウド(cloud)にバックアップもおすすめ

クラウドとは、Googleさんが初めて使った言葉で、「」を意味しています。

そして、インターネットで提供されるソフトサービスのことを指しています。

私が便利に使わせていただいているのが、Gmailや、Googleフォト、Dropboxなど。

ネット環境がないとアクセスできない、サービスの突然の停止など、不安な一面もありますが・・・

そうなったときに考えればいいかなと、今はクラウドにいろいろ置きっぱなしです。

パスワードを忘れるなど、アカウントが迷子になることがないように、気をつけないといけませんね。

 

 

 

手っとり早く、安心したいんですけど

それでは、外付けHDDを複数用意してバックアップをとり、5年を目安にディスクに焼き直すのはいかがでしょう。

さらにクラウドを2箇所以上利用して、Web上にも存在させておきます。

紙にできるものは紙にしてしまい保存します。

 

 

クラウドサービスのおすすめ

Googleフォトは画像や動画のバックアップには1番おすすめです。

1600万画素を超えると若干圧縮されますが、ほぼオリジナル並みの画質を維持して無制限の保存が可能。

PCが故障しても、スマホを失くしてもGoogleフォトにアップロードしておけば取り戻すことができます。

 

OneDriveは、Microsoftが運営しているので、Windows10にはプレインストールされています。

私も最近使い始めましたが、デバイスがiOS、Mac、Android、Windowsとほぼすべて使用できて、いろいろ共有できる優れものです。

Wordをはじめとするオフィス資料の保存や共有にも利用でき、バックアップもとれてとても便利です。

 

 

外付けHDDのおすすめ

HDDとはHard Disk Driveのことでパソコンのデータを記録しておく装置のことです。

最近はSSD(Solid State Drive)というHDDより読み書き速度も速く衝撃にも強いものがでてきましたが、価格が高価です。

外付けHDDとはパソコンに接続する外部のHDDのことです。

USBメモリなどと同じように使えますが、もっと大容量のデータの保存や移動が可能です。

そしてデータのバックアップにはかなり便利です。

 

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

新品価格
¥6,893から
(2017/3/21 02:01時点)

 こちらは、バズパワーでの動作が可能、ケーブル1本で接続、ACアダプターは必要ありません。

Windows、Mac対応、USBポート3.0/2.0

容量が1TB

1TB(テラバイト)=1000GB(ギガバイト)

デジカメ写真1枚4MBとして約25万枚

動画なら約166時間の容量になります。

 

もう少し容量が欲しい方は・・・

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA3.0

新品価格
¥8,451から
(2017/3/21 03:01時点)

こちらはACアダプターが必要(付属します)、容量は3TB。

 

 

 

メディア保管の保険として

ある日突然パソコンが動かなくなったら、保存してあるデータは見られなくなってしまいます。

ビデオカメラの故障もそう、なかのデータを取り出すのに、高額な費用がかかります。

SDカードもデータの破損は免れません。

特に大切なデータや、赤ちゃんの頃の思い出は失いたくない物。

絶対はないけれど、少し安心して老後を迎えるために・・・

とりあえず、写真を印刷して残すことから始めましょうか。







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ