「自分軸」ポキッと折れても大丈夫、この軸があれば毎日が100倍楽しい!

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

こんにちはピスチコです。

雪が降ってとうとう積もり出しました。

本当にもうやめてください、これ以上。

 

 

アイスバーンではアクセルとブレーキを同じくらい踏みながら前進、

亀のように、滑らないように、タイヤがロックしないように気をつけます。

冬道は無駄に時間を使うので、時間の感覚を間違うと大変。

 

 

雪が溶けるまで、気持ちの上では冬眠(仮死)状態。

どなたか冬を好きになれる秘訣があったら教えて下さい。

雪も、寒さも好きになれそうにありません。

自分軸との関係

子どもの頃私は、人の目ばかりが気になった。

自分がやりたいことも「他人にどう思われるか?」という気持ちが邪魔して、

ほとんどできなかった。

 

 

少し大人になって、「人は人、自分は自分」という言葉を知り、

その言葉を呪文のように唱えて、何かを踏ん切ってきた気もする。

それでもまだ自分は、本当にこれで良いのか迷っていた。

 

 

今までの人生で、本当に心からやりたいと思ってやったことは少ない。

そのせいか私はとても優柔不断で、決めてもそれで良かったのかずるずると迷う。

そういう自分が嫌い。

 

 

 

自分軸第一章(人は変われない)

人は変わらないとか変われないとか、あれ多分、嘘。

自分の思いを押しつける人が、それを受け入れない相手に向かって言うなら、

確かに永久に人は変われないかもしれない。

 

 

自分が変わりたいと思ってはじめて人は変われる

変化は苦痛を伴うこともあるけど、

自分で求めるのなら人は変われる。

 

 

「何やっても私はダメ」

変わりたくても変われない?

そんなこと言ってる人は

自分をよく知らないだけ。

 

 

自分軸第二章(基準はどこ?)

「ショートヘアにしたい」のにしない人。

自分が本当にしたいなら今すぐ切るべき。

他人にどう思われるかなんて、まさか気にしていないでしょうね?

 

 

髪は伸びる、失敗したって大丈夫、だからこそ。

なんで挑戦しないの?

やりたいことをやらないの?

 

 

自分軸第三章(自分で選ぶ)

どうしようか迷うとき、誰かの一言で決まったりする。

もう自分の中で答えは出ていて、それと同じ意見だっただけ。

真逆な意見だったら、きっとあなたは迷い決断に悩む。

 

 

最後は自分で決めよう、

後悔してもいいから、自分で決めよう。

そうしないと自分軸がいつまでもわからないから。

 

 

 

自分軸が折れた話(ピスチコとおしゃれ)

私が今1番欲しいのは、おしゃれに関する自分軸。

昔は歓呼たる物があったので、迷ったことがない。

着たい服を着る」ただそれだけ。

 

 

しかし結婚したり母になることで、私は自分軸を何度もポキポキ折った。

どうやらもう、歓呼たる物があったあの頃の私じゃない。

つい最近までかなり苦しんだ。

 

 

それはあまりにもありがちな理由で、「母なのにこれでいいのか?」とか

自分の服ばかりにお金をかけられないとか

その割にはなんだか、着てない服もたくさんあるじゃないか。

 

 

中途半端が1番良くない、

わかっているのに、好きな物を我慢して無難な枠にはまってた。

もうやめようと思う。

 

 

そんな風に割り切れて、とても楽になった。

私の思うおしゃれは定番をそつなくこなすことではない。

誰かの真似をしたり、他人にゆだねることでもない。

 

 

 

自分軸の作り方

自分軸はポッキポキでいいです。

折れて、立て直してで大丈夫。

20代くらいでしっかりあったら、むしろすごい。

 

 

ぐらぐらしたりしっかりしたり、定着するまで訓練が必要。

でも自分軸はあったほうが楽しい、ないと生き方までふらふらしちゃうし。

そのときの自分にあった自分軸を持って、生きていければ良し。

 

 

歳をとればある程度落ち着いてくる、

積み重なる経験や記憶が作っていく物だから。

あなたの心の中にもきっとある。

 

 

「そんな物要らない大丈夫」って思う人はもうしっかり無意識に自分軸で生きてる。

自分軸?何それ?それがあったら今より楽かな?って思う人

自分軸を知っていて、私にはないと思う人

 

 

後者2タイプの方は、ちょっと意識してみて下さい。

自分軸とは価値観。

何を優先して生きていくか、どんな人と関わって生きていきたいか?

 

 

やりたいことにはチャレンジして、

行きたいところには行けばいいし、

やってみて失敗したって笑われたって自分軸で生きていればへでもない。

 

 

リア充な日々がやってきます。

人がどんなに幸せそうでも楽しそうでも気にならない。

むしろそこには私、入りたくないな。

 

 

ブログを書くと言うことは自分軸なしではできません。

「こんな事書いていいのかな?どう思われるかな?」なんて思っていたら、

更新できませんって。

 

 

仲間はずれにされたらラッキー、

そんなことするようなやつらの中から外されただけ。

まだ出会っていない誰かにおしゃれして会いに行こう。

 

 

 

リアルラブレター

最近、初めて話したのに意気投合して好きになった人がいた。

彼女が素敵な人だからいろいろ知りたくなって「趣味」や「友達」の話をしたら、

私、友達なんていないよ、一人もいない」と、笑顔で言い切った。

 

 

この人、すごいかっこ良い。

志はすごく高くて、ひとつひとつのアクションはすべて自分のため。

こんな生き方もあったのかと、私はただただ感心するだけ。

 

 

個人特定されると迷惑だからこれ以上は書かないけど、

お名前書いて褒め称えたいくらい。

あなた、かっこよすぎ。

インプットばかりしていると頭がパンクします、上手にアウトプットする簡単な方法は?

2017.09.25







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ