【ライフオーガナイザーⓇ】家庭訪問終了「気楽にこの日を迎えられた」のはこの資格のおかげ

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

つい先日、娘と息子の家庭訪問を1日にまとめて片付けました。

そしてライフオーガナイザーになって良かったなーとしみじみ思うのです。

(閲覧注意)ゴミ屋敷がもし住む人を亡くしたら、誰が片づけるかを知っていますか?

2017.08.28

 

まったく慌てずその日を迎えられて、自分が1番びっくり。

特に何をするわけでもなく、あえて言うなら少しだけ念入りにお掃除したかも。

仕組みを作るってすごい、資格を所持してから時間が経てば経つほど、片付けやすくなったことを実感しています。

ライフオーガナイザーⓇ(片付けコンサルティング型サービス)

2016年末に、この資格を取りました。

理由は片付けが嫌いで苦手だったから

片付けのプロ」になれば、まずは自分の家が片付けられるようになるはず。

 

 

1番の理由は自分のモチベーションアップ、ライフオーガナイザー正規料金でのお仕事はいまだ経験なし。

資格を取ったからには元を取らないと……という気持ちにはなりません。

家は住みよく整っていて、家庭訪問も慌てない日々がやってきました。

 

 

この資格「ライフオーガナイザー」を私は十分すぎるくらい使いこなしています。

実家を片付けたり、「ここ使いにくい」という方に私なりのアドバイスをしたり。

満足している自分がいますが、この資格の使い道としてはもったいないパターンかな(笑)


 

 

世の中から片付け嫌いを無くしたい

そんな私も「片付けが嫌われる」のは辛い。

「片付けたいけどやり方がわからない」なので「とりあえず見えないところに隠して」、

とやっていた頃の私は片付けが嫌いでした。

 

 

今も好きかと聞かれると微妙だけど、前よりはマシ。

お友達で、「片付けが大好き」という人が何人かいて、

彼女達の部屋は素晴らしい。

 

 

片付けの資格はもちろん持っていないけど、才能を持っている。

片付けのセンスがある。

そして、なんでか不思議、素敵な部屋で暮らしている人は穏やかで家族の仲がいい。

 

 

どうしたら片付けを好きになれるかな?

嫌いなことをやるのは楽しくなくて当たり前。

どうやったら楽しく片付けられる?

そして楽しく暮らせる?

 

 

片付けを成功させるのは小さなルールの積み重ね、

例えば「テーブルの上には物を置かない」と決めるなら、

どうしてそこに物が置かれるか、その原因を取り除くことから始めると上手くいきます。

 

 

どんな部屋ならテーブルに物を置かなくて済む?

 

 

資格ってすごい

「片付け」の優先順位、かなり高くなりました。

モチベーションアップという意味では、成功

自分のライフオーガナイズに成功したのかな?と最近思います。

 

 

とりあえず、間に合わせに綺麗にする片付けではなく、

まるっと仕組みにしてしまう。

仕組みが出来上がると、子供達もやりやすくなり「お母さん〇〇がない」が減ります。

 

 

世の中たくさんの資格がありますが、「ライフオーガナイザー」になって良かったです。

こうやってブログを書き続けていられるのも、「ライフオーガナイザー」になれたから。

「少しでも片付け嫌いな人が減るといいな」とそんな気持ちでいます。

 

 

今作っているホームページが出来上がったら、

あなたを電子化お片付けの世界へご招待するつもりです。



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー