ライフオーガナイザーⓇになってもうすぐ1年、結局どうなの?ビフォーアフター

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

こんにちはピスチコです。

すっかり忘れていた結婚記念日、そういえば「いい夫婦の日」に籍を入れたっけ。

来年は結婚15周年だから、来年覚えていればお祝いでもするか。

 

 

あれよあれよと、もうすぐ1年。

ライフオーガナイザー1級合格から、

たいした活躍できていません。

 

 

活躍されている方はたくさんいるし、個人的に力が及ばない感じ。

個人セッションでいくらか経験を積んでも、まだまだ緊張との戦いの最中。

「人に何かを伝える集客する」という事が改めて難しく感じます。

ブログを書く前と後では何がどうなった?

リアルな友達は実はSNSを全くしない人が多く、私がブログを書いていることを知らない人が多いです。

宣伝しては見たものの、「ピスチコまだブログ?更新とかやってるの?」と聞かれる感じ(見てもいないのね、うふふ)。

「らしくないことしてるねー」(わかってるよ~)。

 

 

まずね、何かを続けることが苦手。

生まれたときから苦手。

自分の意思であっても何かを続けるってなかなか大変。

 

 

ブログを書いていなかった頃は、もっと睡眠とれたし、筋トレ等の身体のメンテナンスができた。

どうなのブログ?命削ってんじゃないの?

なんて思うくらい、始めてから半年くらいは、本当につらかった。

 

 

でも人間って慣れていく、書くことにも慣れていく。

明らかに書くのが楽になって、文章も前より読みやすくなっている。

いやいや無駄ではなかった、続けることは無駄ではない。

 

 

それに突然「ブログ見て、〇〇に行ってみたよ」なんて言われるとやっぱり嬉しい。

私の書いたことを参考に、行動を起こしてくれる人がいるなんて!

読んでるよ」と声をかけてくれるだけで嬉しい、感想なんて二の次で。

 

 

書かなければ出会わなかった人もいるし、

もらえなかったメッセージもある。

ブログを始めて明らかに、心豊かになりました。

 

 

 

片づけと私

正直言って、片づけなんて好きじゃない。

でも、もし片づいた空間ができたら、どんなに素敵だろう。

物が規則正しく並んで、欲しいときにどこにあるかすぐわかる。

 

 

できたら炊飯器の近くお茶碗があったらいいな。

子どもの手が届くところに子どものコップがあったらいいな。

ハサミも、探さなくても見つかったら幸せなのに。

 

 

そんなこともできなかった私が、今は消去法で家の中の嫌なところを潰していっています。

娘が料理をするようになりました、主人はもともと好きですが、さらに料理頻度があがりました。

片づける度に、新しい発見とおまけがついてきました。

 

 

まだまだ納得いかないです、片づけは永遠に苦手だと思います。

片づけも、続けることも苦手

でも片づかないのも、途中で投げ出すのもやっぱり嫌なんです。

 

 

最初に物を全部出すってやり方が私は苦手。

俯瞰するのも苦手で、完璧を目指すとつまずくから目指さないことに決めました。

自分がやりたいスペースを小さい区切りでやります。

 

 

はーやだやだってため息つくよりも、引き出し一個引っ張り出してみます。

いらない物が見つかります、無くなった物も見つかるかも。

マイルールで片づけています。

 

 

 

時間の感覚

ブログを書く前は、子どもが寝てからの自由時間をかなり無駄にしていました。

ブログを更新することで、最近逆に早く寝れます。

書くことがルーティンワークになりつつある。

 

 

これは自分でも嬉しい誤算で、なんでこうなってるのかわかりません。

更新だって、絶対にしなければいけないわけではないのに。

書かない日に限ってすべてうまくいかない。

 

 

何かを発信できているかは微妙だけど、とりあえず書いている。

なんでもやってみないとわからない。

何かを続けるってすごいことかも知れない。

 

 

 

ビフォーアフター

ライフオーガナイザーになる前と後では、自分の肩の力が抜けたのがわかります。

自分の価値観に主軸を置いて生活するのが、

こんなにも快適だとは思わなかった。

 

 

あーあ食器がもっと少ないと探しやすいのに」と思うなら減らせばいい。

もっとキレイにしたい」なら掃除がしやすく床に物がない部屋にすればいい。

息子が片づけない」なら息子専用のボックスを作ってあげればいいんだ。

 

 

今不満に思っていることを口に出してみて、それはすぐにできることではないですか?

ぐだぐだ過ごしてきた自分に、かけてあげたい言葉です。

自分が何が好きで何がしたいかも、わからなくなっていませんか?

 

 

 

片づけに悩んでいる友達にそう言うと共感したような顔をしながら、ものすごく真剣な目で私に言った。

 

 

 

旦那がニノならいいのに

ほう、それはうらやましい。

 

 

私は嵐のコンサートに行くほどのファンではないのだけど、

銀テの存在を知って、少し欲しくなった。

それを手に入れた話をする彼女が、あんまり幸せそうで。

 

 

価値観がわからなくなったら、Twitterではなく、リアルにつぶやくのをおすすめします。

できたら、1人の時に。

親愛なる、ライフオーガナイザー®の皆様へ

2017.03.14







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ