服に全く興味がなくても、毎日あなたは服を着る

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

やっぱり服が好きな、ピスチコです。

この冬のバーゲンは、子供の服を買って気を紛らわしていますよ。

ところでみなさん、あれから服を買いに行きましたか?

服を選ぶ基準って人それぞれでOKなんですが、その基準を見失ったあなたに耳よりなお話!

  • 何が必要で、何を買ったら良いかわからない、(環境が変わって必要な服が変わった等
  • 何が似合うかわからない、(体型の大きな変化、心境の大きな変化、年齢による気持ちの変化)
  • 何が欲しいかわからない、そもそも服なんか着られれば何でもいい。(興味がない)などなど

 

オシャレに目覚めても悩みは尽きないけれど、全く興味がなくても、毎日あなたは服を選び、着て活動するはず。

少しでも快適に、今日着る服を手に取って欲しいです。

 

 

ズバリどうなの?値段と素材

服を選ぶとき、コストはかからないほうがいいので、安くて丈夫な物がいい。

そしてやっぱりデザイン。

ユニクロやZARA、GAP等が、シンプルで流行も取り入れた素敵な服を作ってくれています。

素材もジーンズなんか優秀で、丈夫で履きやすい、カラーもいいところを抑えてる。

高い服買う必要ある?と思うくらいです。

 

 

素材の表示を見てわかったこと

ユニクロで2900円で売っているセーターと、デパートやネットショップで5900円で売っているセーターの素材に大差はありません。

3000円のコストの違いは、ほぼデザインにあります。異素材で切り替えてあったり、シンプルだけどワンポイントがあったり。

特にロゴのデザイン等はわかりやすく、値段に比例して洗練されていく感じがあります。

服に関しては、高い値段を出して買ったからといって、必ずしも長持ちするわけではありません。

私が20代の頃、服にかなりの散財をしてきました。

冷静になって計算すると、年間の洋服代が100万円を超えることもあり、服道楽してきたわけです。

でもそのお洋服の価値ってほぼデザイン料とブランド料でしたから、今手元にコートとMA-1タイプのジャケットが何枚か残っているだけです。

同じ100万円を服に使うなら、もっと考えるべきだったと、今まさに反省中。

 

 

高級な服についての私なりの見解

 

まに
結局洋服の価値って?

高級ブランドもファストファッションも変わらないのね

それは違うよ、まにちゃん。

ブランドが高価なわけは、イメージ料はもちろん、着て、手に入れて上がるテンション料。

そして完成までに関わる人の量、生産にかかる時間、細かいところの完成度がやっぱりファストファッションとは違う。

見る人が見ないとわからないところだけど、それなりのお値段の服はラインが綺麗。

多分型紙とか布を裁断するところから違うのだと思うけど、着た時に服がしっかり綺麗なラインを形成、スタイルまで良くみせてくれる。

クリーニングに出して帰ってくると、新品みたいに生き返ってくれたり。

素材も大切だけど、そういう意味での服のデザインは高級ブランドはすごいと思う。

私も高価な服が好きだったけど、高級ブランドではなく、インディーズブランドにハマった類なので、高級な服を語る何者でもない。

かなり前に柔らかくてふわふわな、素敵なカシミアのセーターを着ていたことがある。

毛玉になりやすく、1日着たら休ませてブラシをかけないといけないと言われた。(もちろん手に負えない)

シルクもそうだけど、高級になればなるほど取り扱うのが難しい。

高価な服を着こなすには、それなりのお手入れや知識も必要。

私のカシミアのセーターは確か7万円くらいで買った、それなりのお品。

 

 

毎日着る服、選んでみよう

服に興味が全く無いって人にはやっぱりキツイかも?

私は本当に服が好きなので、この投稿もこんなに長々と書いてるわけなんだけど、正直・・・

服に全く興味がないって人の気持ちがわかりません。

だから少しは服に興味がある人が読んでくれていると、そう思って書いています。

服、いろいろ試してみたいんだけど・・・どうしたらいいかわからないって方。

ファッション雑誌を買ってみてもなんだかわからないって方。

とりあえず、服を見に行きましょう!

ジャンルはカジュアルが入りやすいと思います。

基本、シャツにジーンズですから。

ウィンドウショッピングでいいんです、実際に触って、できたら試着して。

話せるスタッフさんがいたら、質問責めにしてみて下さい。

だいたい服が好きなおしゃれな方が多いです。

 

 

試着のすすめ

「何かお探しですか~」って声をかけられるのって緊張しますよね。

それなのに「試着していいですか?」なんてとても言えないという方。

どんな説明を聞くより、着てみたほうが早いんです。

別にカーテンの外にでる事を強制されません、「ちょっと外には出たくないんで・・・」と断れば大丈夫。

とにかく服を手に取ること、興味を持つことが、毎日快適服選びのスタートです。

 

 

あなたに必要な服は?

これはお仕事がかなり関係してきます、制服を着る方やジャケット、エプロン等を身につける方。

電車や徒歩の通勤だから「私服で行って会社で着替えます」って方や、車で通勤だしもう面倒なので「制服で行っちゃいます」って方。

制服の方は面倒な事もあると思いますが、正直羨ましい。

「私服でフォーマルな感じで出勤して下さい」と求められる職場なら、私は毎日の服選びでリタイアするかも知れません。

スーツが苦手です。

でも、もしフォーマルを日常に着なくてはいけない日がやってきたら、とりあえずクローゼットは一度空にして、普段着を少しずつ綺麗めに変えていきますね。

そしてカジュアル、着崩し好きな私のお気に入りを何着か残し、後は仕事でも着られる服を普段着にしていきます。

ものすごい大きなウオークインクローゼットがあるなら、好きにすればいいんです。

残念ながら私が服を収納できるスペースは限られているので、そうやって管理できる枚数にします。

 

毎日簡単な日記を書いています。

そこに今日着た服を書き込むアイディアを友達に教えてもらいました。

同じ人に会う時に服が被らない、着ていない服を発見するのに一役買っています。

 

 

おしゃれはミニマムに

大丈夫、難しい事ではありません。

服、興味な~いって人はそれでいいと思うんです。

ただ、おしゃれしたいのに空回りして、クローゼットはもう満杯なのに…

明日着る服がない!なんてそんなの悲しい。

たくさん買っても着ないでオークションに出していた私です。

少し前まで本当に服に溢れた環境で、そのごく一部だけしか着ない毎日。

そして最近、それが嫌になってやめました。

失敗はいまだにするけど、かなり減りました。

年齢はあまり気にしないで、服選びをしているつもりですが、やっぱりカラーは落ち着いてきました。

 

 

まとめのついでに

子供って着られなくなるから、必然的に服を買うけど、大人になってから服を買うタイミングは...

もっと言うと家族ができて、自分の範囲がいろいろ狭くなった中で

機能的におしゃれを楽しむのって、難しい。

産後にいろいろ履けなくなったり、好みや環境が変わったり。

服なんて気にしていられない何年間が、こんな私にもありました。

でも、クローゼットがあふれだしたら、ちょっと危険なサイン。

デートじゃないのに、朝着る服が5分で決まらなかったら。

ちょっと冷静にクローゼットと対面する、その時かもしれない。







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ