ファッションの流行にのらなくてもいい理由

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、
Webサイト・インターネット環境に詳しいです。
常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

気になるけどのらないでおく、その流行

こんにちわ、ピスチコです。

今年MA-1がまたきましたね。

私が服中毒になってから何回目でしょうか。

服に全く興味がなくても、毎日あなたは服を着る

2017.01.13

気分良く服を買う5つの方法

2016.12.23

どこの売り場を見ても並んでいるMA-1、借りられる画像が見つからなくて、表示できません。

絵も考えたんですが、ちょっとイメージを伝える自信がありません。

申し訳ないのですが、MA-1何それ?な方は「エムエーワン」で検索してみて下さい。

 

 

 

私はこれが全く似合いません(笑)

笑いごとではありませんよ、好きなジャンルなんです。

多分着丈なんでしょう、私が低身長で胴長なんです、なので・・・・

また、変な気を起こしてちょっと羽織ってみている私に、娘がすかさず言いました。

まに
お母さん、なんかそれちっちゃく見えるからやめたほうがいい

 

 

 

ちっちゃいのは今始まった問題ではないのですが、MA-1を着るには高めのヒールでも履かないとアンバランスなんです。

そして、今年のMA-1は丈が長めのタイプも出ていました・・・がまたしても私の苦手な丈でやっぱり無理です。

そして、そこまでして着たいとも思わないんです。

だって、何回もこの流行を飛び越えてきましたから、あえて挑戦する必要はないんです。

似合わないってわかってるんですから!

町行く人たちが素敵に着こなすのを、指をくわえて見守ろうと思います。

 

 

 

アブノーマルで突っ走ってきました

昔、むかし、あるところに

ピスチコという人が住んでいました。

彼女はちょっと変わった服が好きで、なかなか自分の好きな服を見つけられないでいました。

20代の頃は流行ばかりを追いかけ、試着もしないで買いまくり、タンスの肥やし姫と呼ばれたこともありました。

そんな彼女も今ではすっかりブームにのるのに飽き、我が道を行くと決めたそうです。

 

 

流行にのらずに好きに走った私が、正解なのかわからないけど。

結局よく好きを見つけてきたのは、当時そこらじゅうにあった古着屋さんだった。

代官山、渋谷、原宿辺りで遊んでいた、その頃の私がハマっていたのはヒッピーで、ちょっとエスニックも混ざっていた感じ。

さすがに今は頭にバンダナ巻く勇気はないけど、当時は身体の一部と化して、どこかしらについていた気がする。

ちょっと普通じゃない感じをいつも漂わせていた。



春が1番危険です

なんだか春がくるとむずむずして、禁断のファッション雑誌を手にとってしまった。

大丈夫、流行ってるの全部似合わないやつ、昔ならいっちゃってたけどね。

今日、カフェでおしゃれな女の子2人組が、同じファッションで来ていた。

ワイドデニムパンツに、MA-1ジャケット

でも2人ともすごく似合っていて可愛かった。

スニーカーでも足が長い人はさまになるんだね、すごく素敵。

胴長低身長には、そういうさりげないの無理よ(笑)

 

 

 

多分盛るのに疲れた。

 

 

 

 

髪の毛盛るのは個人的に可愛いと思うし好きです。

 

 

私の場合の盛るは、たっかいヒールを履いて似合いもしない服を着る事。

盛ってるのは足の長さ、身長と気合いかな。

そういうのを頑張ってやってみた時もあった、ごっついブーツが好きだったから15センチヒールも毎日履いていたし。

でも、あの頃とは生活環境が違う。

お母さんになっちゃったしね。

そして大人になっちゃったしね。

いろいろわかっちゃったしね。

コンビニの新商品もそうなんだけど・・・

同じことを繰り返しているだけなの。

人は忘れる生き物だから、新しいと勘違いしているだけ。

 

 

 

私はおしゃれな人じゃなくて・・・

興味がないわけではないけど、やっぱり今年の春の流行はパス。

また巡りめぐって、偶然流行にのることも、この先ないとは言い切れないけど。

カラーで言うなら、春は黄色やピンクで、夏は白で、秋に向かってくすんでいくパターンはいつも同じ。

去年見た物は、今年古い感じがするかもしれないけど、5年くらい経ったらまた新鮮。

ちょっと姿を変えて、また新しい物になる。

ワイドパンツだってパンタロンの改造版だから。

私はおしゃれな人じゃなくて、好きな服を着ている人でいい。

理屈じゃなくて、感情で物を選ぶのは昔からの悪い癖。

でも一通りやってみた私、自分のタブーにはもう手を出さないことにした。

それに皆と同じ服着ていても、つまらないだけでしょ?

 







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ