「十勝」ってもうブランド?食料自給率1,200%の町で暮らす、地元自慢画像付き

涼しげな風景とアイスカフェラテ

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

運動会から数日「夏が来た」と思ったのに、今はストーブをつけようか迷うくらい寒い。

梅雨の時期は東京も涼しかった記憶がある。

 

 

梅雨と言えば「帯広には梅雨がない」と話すと大抵「嘘だー」と信じてもらえなっかたのは何故?

梅雨はないけど気温差が激しく、時に体に優しくない帯広。

6月4日に、帯広市で全国最高の暑さ34度を記録したのは記憶に新しい。

十勝が独立した国になったら

先日ある美味しいイタリアンのお店で、閉店後面白い話になった。

きっとお米は足りないけど、小麦があるから補えるのではないか?

十勝は独立して生きて行けそうな食料自給率となっている。

 

 

十勝とは言わず、北海道が独立した国になったらどうだろう?

東京行くのにパスポートがいるね。

バチカン市国のように、「強くて美味しい国を作ってみる?」

 

 

地元目線で言うならば

農家にちょっと知り合いがいれば、「アスパラ」はこの時期食べ飽きる食材で、

芋とタマネギは買う物ではなくもらう物となる。

例えば太くなりすぎたアスパラや、規格外の芋やタマネギは農家も持て余すから。

 

 

全く贅沢で幸せな環境、そしてお菓子も美味しい。

「十勝産〇〇を使った~」と書かれたらそれだけで美味しい気がする。

東京のケーキは高くてびっくりしたけど、何より生クリームが美味しくなかった(例外あり)。


豚丼について

出典:ゆるきゃら©グランプリ実行委員会

 

帯広と言えば「豚丼」と言われるくらいぶたどんは有名などんぶりとなり、

豚丼の精霊まで現われて、豚丼は揺るがない十勝・帯広の名物となった。

実は地元の人はあまり外で豚丼を食べない。

 

 

だって、あんなに簡単に作れるのに(笑)自分で作れない物を外で食べたいじゃない!

市販の豚丼のたれを使えば、お店と同じ味が再現できる場合もあるし。

豚丼のお店にできる長蛇の列を、少し不思議な感覚で眺める。

 

 

前に観光で来ていた方が「え?豚丼って何?食べたことない!」と言っていた。

たしかに一般的には牛丼だね。

とにかく豚丼は美味しい、そして全国的には珍しい食べ物みたい。

 

 

ブランドとして確立してしまうと

十勝で育った作物は高く売れるって話。

だから本当に良くできたいい物は地元では売らずに、高く売れるところへ送る。

私たちのところへはやってこない美味しい物があるみたい。

 

 

地元にいるから安く美味しい物が食べられるとも限らない?

豊作で潤う町だから仕方がないのかな?

十勝に住んでいても「十勝産」と聞くと美味しいものを連想するもの。

 

 

暑い日に体験して欲しい爽やかな十勝

 

この3点の画像は全部同じ場所で撮影。

混んでいると相席もあるけど、お一人様でも大丈夫(平日はおひとりさま、結構います)

食後にコーヒーか紅茶(Hot or Ice)を選べて、デザートも出てきます。

 

 

暑い日にまったりできる場所ではないでしょうか。

お休みが増えています、電話して確認してから行くのがオススメ。

詳しくはこちらを読んでね。

帯広・十勝でおすすめランチ、古き良き昭和の香り、家庭料理「無漏路(むろじ)」

2017.09.04

 

 

 

帰りにGREENによってチョコのかかったクッキーを買って、そうそうピスタチオのボンボンショコラも欲しい。

ここも涼しい、行ってみて下さい。

都会的な空間なのに、ブランコに乗ってソフトクリームを食べられます。

 

 

 

 

家に着くまでのお供に、Low Cafe(ロゥカフェ)でアイスカフェラテをティクアウト。

こことHoccinoのアイスラテは間違いないです。

今はコンビニも結構美味しいけど、「美味しい」と叫びたい時には、ぜひ行ってみてね。

雨の日の帯広・子供と行くカフェとジェラート&トイザらスの1日

2017.08.18



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





涼しげな風景とアイスカフェラテ

この記事をシェアする


otoriyoseバナー

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!