【気温上昇】明日何着る?「季節の変わり目衣類問題」解決法・今年の色は何色?

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、ホームページデザインが趣味

常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

急に暑くないですか?

雪はまだ残ってますけど、さすが3月半ば。

 

まだ朝晩冷え込みそうですが、10日間天気をチェックしたらもう-10℃は越えない模様。

それに、同じ-10℃でも1月はとことん寒いけど、3月はなぜか暖かく感じます。

昨日半袖を着ている人を見て、季節先取り新鮮!やるな~と思いました。

去年の今頃何着てた?

大好きな夏がくる、Tシャツの季節到来、嬉しい。

基本は、下着 → インナー → トップス

この着方は年中私の場合変わりません。

 

 

ボトムもあんまり変わらない、ほとんどパンツ派。

履くかな、どうかなと迷って買った黒のベロアのタイトスカート、

見事履かずにシーズン終了。

 

 

やっぱり迷ったら止めるべきよね。

私の服のパターンを知ってるスタッフさん、

ピスチコさん本当にスカート履きますか?無理して買わなくていいんですよ

いや、マジで履いてるの見たことないし、大丈夫ですか?

彼女のほうが私よりも私を知っているってどうなの?

 

 

去年の今頃はニットの羽織りに長袖合わせていたかな。

重ねるのが好きで、真夏でもあまり1枚で着ることがないので、

キャミソールかタンクトップを入れて着ています。

 

 

1枚羽織って出かけましょう

寒いのが苦手なので、ダウンを手放すタイミングが人より遅い私です。

特に帯広は1日の気温差が大きいので、昼は暑いくらいなのに夜寒い。

昼間2時間くらいならTシャツでいられそう。

 

 

ニットのカーディガンはガチで使えます。

「寒い思いをしない」という点では自分にかなり甘いので、

ダウンを脱いだあとはニットのカーディガンを初夏まで愛用。

 

 

季節感、お洒落も大切、でも寒いのは絶対に我慢できないので無理はしない。

寒いよりも暑いほうが我慢できる派です、これは個人差ありますね。

服はファッションでもあり、防寒だと思うのです。

 

 

帯広にいるとこの季節、太陽に騙されてめっちゃ薄着で出かけて失敗なんてあると思うんです。

暖かいけど風が冷たかったり、日が陰ると我慢できないくらい寒かったり。

暑いのが苦手な方でも、とにかく1枚羽織って出かけると安心。


 

 

 

実は重要、カラー問題

同じダウンでも、黒とベージュならベージュの方が軽い。

防寒性能は同じでも、白と赤なら赤の方が暖かいような気がする。

春のニットはいくら防寒でも明るい色を選ぶと素敵。

 

 

今年もまた流行しているシャーベットカラー。

今年はイエローピンクがきてるみたいです。

羽織は合わせやすさが大切、春はベージュ系かホワイト系が使いやすい。

忘れちゃいけない、便利なカラー、グレー。

引用:Instagram

 

 

 

そしてカーキも年中身につけている、使えるカラー。

カーキは定番カラーなら黒、紺、グレー、そして白でも合う、

赤、黄、オレンジ、はっきり言ってなんでも合うので、春コートに便利。

 

 

去年の秋にユニクロで、黒のニットのロングカーディガンを購入。

ちょっと今着るには重いかな?とりあえず明日はあれ着ていこう。

明日は最高気温は高くないけど、最低気温が+3℃、そして無風らしいから。

 

 

 

そろそろ春夏へシフトしていこう

今年もまたロングが流行、マキシ丈のボトム、裾が広がったデザインが今年っぽい。

全体的にダボッと着るのが今年風、でもウエストマークするのは忘れない感じで。

ロングスカート、雪解けの季節には厳しいけど春だしね、ふわっとしたいよね。

引用:Instagram

 

 

男性はデニムに白いTシャツのシンプルな感じが本当に素敵。

そして無条件で白のパンツ履いてる男性は、お洒落だと思っています。

私、異性のファッションチェックは甘い女かも知れません。

 

 

まだまだ寒いけど、Tシャツで歩いてる人もいる。

真似できないけど、気持ちだけは春夏を意識して、

短い夏を楽しみたい。

 

 

春風に揺れるスカート、キレイな色のニット。

なんだかワクワクしてきた。

春だね、春がくる。

「インスタ映えする」流行語大賞ノミネートに思うこと、痛い写真を撮っていませんか?

2017.11.13







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ