白と黒のどちらが似合う?それを決める重要なポイントは〇〇の色と〇〇の色

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、ホームページデザインが趣味

常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

ところであなたは白と黒、どちらが好きですか?

実際どちらが似合いますか?

 

 

私はパーソナルカラーがウィンター(冬)なので白も黒も似合うことになってます。

パーソナルカラーのタイプは大きくわけて4タイプあり、季節で表されています。

鏡の前で色々なカラーの布を当てて、肌が明るく見えるなどを専門家が判断してタイプを決めてくれます。

 

 

見てもらったのはかなり前なのですが、美容師の方で、彼女が言っていました。

「パーソナルカラーに興味があり受けに来る方は、だいたい似合う色をもうしっかり選んでいる。」

これは男性にも当てはまります、色に興味がある方はお洒落な方が多いみたいです。

黒は好きですか?

パーソナルカラーで黒が入っているのは実はウィンターだけ。

黒は難しいカラーだって知っていましたか?

日本人は黒い髪の人が多いので、間違いなく重くなります。

 

 

あと第1印象が暗くなりがち、上手に着られれば問題ないのでしょうが。

迷ったときは黒を選びがちですが、実は白の方が無難です。

でも黒は身体を細く見せてくれるお助けカラーでもあるんですね。

 

 

卒業・入学シーズン柔らかいベージュ系のスーツのママを多く見かけます。

男性の方のスーツ選びにも言える事ですが、黒系なら真っ黒を選ぶよりも、ネイビーチャコールがおすすめです。

カジュアルシーンの黒と違って、フォーマルシーンは難しい。

 

黒が似合う人の特徴

髪の毛が明るい色の人は黒を着ても一見重くならない。

黒のセットアップを上手に着こなせたら大人の女な気がします。

肌の白い人は黒が似合うと言われていますが、ただ着るだけでOKとは思いません。

 

 

あと、メークももちろん関係あって、なにより眉の色

これけっこう重要で、髪が素敵な色なのに眉が真っ黒だと垢抜けた感じが出ません。

美容院などで眉ブリーチは1000円前後でしてくれる場合もあります。

 

 

眉ブリーチ

真っ黒な眉に茶色で眉を描くでも少し明るくなりますが、少し色を抜くとかなり軽く明るい印象になります。

私は市販の手足用の脱色剤でごく稀にブリーチします。

使用方法からいくと顔には使っていけないので間違いですが、眉を脱色する専用の薬剤はありません。

 

 

絶対に目に入らないように注意し、眉が完全に隠れる様に塗って下さい、

置く時間は10分から15分がベスト。

ラインからはみ出した部分は事前に処理しておいてから、日を置いてブリーチするのをおすすめ。



もし痒みを感じたらすぐ水で洗い流して、冷やす。

薬剤を流すとき、石けんは使わない、水かぬるま湯で良く洗います。

眉脱色はそんなに長く持ちませんが、少し明るくするだけでかなり雰囲気が変わります。

 

 

 

白は清潔感のある明るい色

白は光を反射して、着るだけで顔を明るくする効果があります。

白いブラウスは7難隠すんじゃないかと思う今日この頃。

でも汚れやすくて、なんかあったら大変なのも事実。

 

 

子育て中に白はやっぱり縁遠くなるし、

ボトムに白は生理中には避けたいのも事実。

白は第1印象を柔らかく、明るく見せてくれます。

 

 

白は楽しい基本の色

白はとても小物で変化をつけやすい色。

そして黒ももちろん遊べますが、白はもっと万能です。

合わせるカラーを選びません。

 

これから春になり、白いトップスに手がのびることが多くなると思います。

ストール、スカーフ、ネックレス、帽子など、ほぼどんな色でも大丈夫。

そこでパーソナルカラーは活躍しますね、自分の似合う色を顔の近くに持ってくるだけで肌の色が明るく生き生きします。

 

 

白と黒で迷ったときは、デザインが好きなら両方買うこともあります。

白と黒、どちら?は良く迷いがちですが、髪の色や眉の色も念頭に入れて、

持ってるボトムのカラーも思い出して、選んでね。

色見本・カラーの参考に・カラーで服を選ぶ【デニム編】

2017.04.24







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ