震度7の恐怖「北海道地震」ブラックアウトからここまでの反省点、いまだ停電続く

こんにちは、ピスチコ(pis_chiko)です。

真夜中、電気が消える瞬間、私は起きていた。

地震の5分前に目が覚めて、電気をつけたので今でもはっきり覚えている。

 

 

停電スマホの地震速報地震発生

恐怖この上なし、震度4でもそれ以上に感じる。

帯広に息子と2人きり、ダンナさん出張中で無事。

娘、札幌に修学旅行中、無事確認できず。

メール配信と停電、パニック

地震発生午前3時08分、子供安全ネットワーク(メール)が配信されたのが午前3時59分、娘無事確認。

電気がつかない、1時間経過したというのに。

ここまで長い停電は久しぶり、母に電話が通じない、心配で息子も車に乗せて実家へ。

 

 

外に出てあまりの暗さに我にかえる、信号がついていない。

初めての経験、信号がない交差点を走る。

どの車も探りながらのろのろ運転。

 

 

大阪で台風21号を体験した妹からのラインで、コンビニから物が無くなるであろうことを知らされる。

情報は正しくても、入手したときすでに遅し。

コープ札幌でお弁当を売り出しているという情報で、なんとかお弁当とパンを購入。

 

 

テレビがつかない、ネットも不安定、電話が通じない。

こういうときはラジオなんだ、だからラジオは小型で懐中電灯がついていたり、電池で使う物が多いんだ。

知り合いがラジオを貸してくれる。

 

震災必需品その1
  • ラジオ
  • 懐中電灯

 

 

断水、失望感

マンションは電気で水を汲み上げているところが多い、我が家も例外なく。

お母さんお水流れない、出てこない」息子がびっくりして走ってくる。

予想はしていたけど、ここにはいられない。

 

 

一軒家は断水せずになんとかなりそうだと聞き、母のところへ避難。

オール電化だけど簡易ガスコンロを常に常備している母、やっぱりガスの火は安心する。

これがないとカップラーメンも食べられない。

 

震災必需品その2
  • カセットコンロ
  • ガスボンベ

やっぱりお水がなくっちゃ

断水までにあまりに時間がなく、浴槽に水を貯める時間がなかった。

備えは必要ですね、こうなってみないとわからないこともある、いい経験をした。

実際その後のスーパーの状態を見ると、1週間買い物しないで過ごせる人は少なかったみたい。

 

 

カメラで撮影するのもためらわれる、品薄状態、長蛇の列、真っ暗な店内。

どうしてもブログネタに撮ろうと思えなかった。

今度電気が止まったら自宅にこもりスーパーには行かないと思う。

水がダメだから母のところにまた避難かな。

 

震災必需品その3
  • お水
  • ポリタンク(あればなおよし)

 

 

情報収集

いつもは予備のバッテリーをフルにしておくのに、この日に限って車に使い切ったまま忘れる。

携帯は100%にしたものの、配線がダメなのかPCからも充電できず、車にそもそもソケットがないのであっという間に10%以下に。

7日の朝、スマホ息絶える。

 

 

その後すぐにマンションに戻る道で、信号がところどころついているのに気がつく。

マンションの止まっていたエレベーターに灯りが戻った。

家で携帯の充電をすることができた、携帯の充電が出来るとラジオで流れていた施設に、行こうと思った矢先に救われる。

 

 

そしてすぐに水も出てくる、母のいる実家より6時間ほど早い通電。

そしてこのご時世ラジオももちろんだけど、SNSの情報やその存在に救われる。

実際SNSに書き込んで、心落ち着く自分がいたので。

 

震災必需品その4
  • モバイルバッテリー(充電式予備)
  • 充電器(充電できる施設で使える)

 

 

ブラックアウト

信号も街頭も消えた町は真っ暗で、夜空の綺麗なこと。

民家の少ない山の中へドライブすればいつでも見られる光景、星を見るのが好きな私はちょくちょく見に行く。

その時よりも綺麗で鮮明に星が肉眼で見える、天の河まで見える。

 

 

こんなに空に星があったのかと、でも私は怖くなって、やっぱり撮影できず空を見上げることもなかった。

いまだに電気が届かない場所で、家族が見つからない人達がいる。

どんな気持ちだろう。

 

 

娘は札幌で帯広よりも悲惨な状況だったらしい。

地震発生から一睡もできず、いろんな場所に避難させられて、ホテルに待機。

もう一泊かと心配する中、バス会社を変更して予定通り帰ってきた学校の判断に感謝。

 

 

我が家の停電は約30時間くらいで復旧したけれど、最初に停電が1週間続くと聞いたときの衝撃は凄かった。

この気持ちが薄れないように今は生活を改めて行きたい。

今回の台風や地震で、自然災害は避けられない、どこにでも起こる可能性があると思った。

 

 

そうして昨日、さっそく壊れた懐中電灯を買い換えて、明るくて今回救われたランタンカセットコンロを買おうと出かけた。

いくら探しても見つからない、どこも品切れ、まぁそうだよね、無理もない。

どこに住んでいても油断してはいけない、用意しておこう。

 

 

早く通常の生活が戻り、すべての家に電気が灯りますように。



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!