気分良く服を買う5つの方法

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

帯広市出身

コスメ・スキンケアおたくのライフオーガナイザーⓇ、ホームページデザインが趣味

常に伴奏者を探している孤独な弦奏者、求・仲間。
帯広・十勝の美味しい物や楽しいことに興味があります。
インスタグラマーやブロガーの友達が少ないので、「友達になってやってもいい」って方、お気軽にメッセージ下さい!

服を買うのが趣味ですが、何か?

こんにちは、ピスチコです。

私のマニアックな衣に関するお話です。

服が大好き、違うと言われるかも知れないけど、ジャニーズが好きとか猫が好きとか、旅行が好きとかそんな感じで私は服が好き。

20代の頃、代官山のセレクトショップに通いつめて、それはそれはお買い物したわ・・・クレジットカードで((+_+))。

Clutch(クラッチ)というブランドの服にどっぷりハマっていました。

知ってる人いないよね?

寂しいことに、今はもう買えないんだけど。

趣味と割り切り、買い続けるのもいいかも知れない・・・

でも家族が増え、限られた空間で生活するようになり、いろいろ気が付いたこともある。

クローゼットから服が溢れてるし、何より持ってる服、把握できていない。それは持っていないのと一緒。

 

 

20代の頃、私が服を買う理由

 

  1. バーゲンだから(安くなっているから)
  2. 可愛いから
  3. 着てみたら「なんかいい」から
  4. ショップのスタッフさんが着ていて一目惚れした(服に)

 

 

1.バーゲンだから

狙っていた服がラストワンでVipセールに残っていたりしたら、まず間違いなく買う。

全然違うテイストの物にまで手を出す、バーゲンの誘惑にことごとく負ける。

Vipセールって、いつも通っていると誘ってくれるマニア向けの先行セールです。その何日か後に一般の方向けのセールが始まります。

服に興味のない人は知らないよね。

安くなってるからって、そんなに欲しくないものまで手を出してた。

趣味だからと言えばそこまでだけど、今思うと、何か違う。

後悔するような服の買い方、さんざんしてきた。

 

 

2.可愛いから

こういう理由で選んでいるから、買った瞬間から、もうもやもやしている、

「買って良かったのかな」

「違う色にすれば良かったかな」

「それにいつ着るんだろ、似たようなのあったような…」

買って後悔しているようなもの、今私が服を買うなら、もっと強い理由が必要。

お願いだから試着してみて下さい。

 

 

3.着てみたら「なんかいい」から

試着したという事で2よりは若干マシな気もするが、何にも考えていない点では一緒。

家に帰って着てみたら、「なんかいい」は勘違いなことも多々あり。

 

 

4.ショップのスタッフさんが着ていて一目惚れした(服に)

まに
ちょっと今日着てるのか~わ~い~い

すごくいいね

スタッフさん
いや~ほんとですか?嬉しいです

こちらに違うカラーもありますよ

 

はい、お買い上げありがとうございます。

 

 

 

感情だけで選ぶと、のちに問題発生

友達の家でクローゼットを開けたら真っ黒、「おんなじ服ばっかじゃん」

黒系の服ばかり、形もそう変わらない。

彼女に言わせればいろいろ違うんだろうけど、私が選んだ好きが集まった、私のクローゼットも、他人が見ればそんな感じだろう。

「どうしよう、お母さんに会うことになっちゃった、何着ていったらいい?」

彼女と服を選びに出かけ、淡いピンクのワンピースを買ったことを、今でも忘れられない。

TPOを真っ向から否定するような、私のその頃のクローゼット。

お行儀の良い場所に行くのは、いつも気が重かった。

自分の感情を優先しすぎて、フォーマルな服を持っていなかったから。

でもね、10代、20代の若い人達はもちろんだけど、いくつになってもこれっていうのを見つけたときは、好きを極めて良し。

「これは私の好きな服なの!」と胸を張って着られたら、もう返す言葉はありません。はい。

愛を持って服を着る人が好き、20代前半の私の趣味は、原宿でベンチに座って、歩く人たちをひたすら眺めること。

 

 

 

失敗は成功のもと

ちょっとイタい数々のエピソードはすべて20代のお話。

コスプレイヤーもびっくりの私のその頃の普段着、画像は残っていない。

自分が好きなんじゃなくて純粋に服が好きだったのもあるけど、20年前は残念だけどインスタグラムはなかった。

そして30代でもまだ気が付かずに、同じような事を繰り返し、アラフォー世代の今、やっと気が付いたことがあります。

  • 服はそんなにたくさんいらない
  • 管理できる範囲に収めるのがベター
  • 焦って買わなくてもいつでも買える(セールは毎年ある)

 

好き好きって買いまくって、いくら買っても満たされなかった、昔の私に教えてあげたい。

 

 

服を買う前に

  1. クローゼットを開けて、今持っている服を見てから買いに行く、完璧を目指すならスマホで撮影していくとか。
  2. いつ着るのか考える、明日から着れますか?特別な日に着る服は、そんなにたくさんいらないよ。
  3. 同じような服が被る場合、前の服は処分する覚悟でね。
  4. 迷ったらやめる、小さな気に入らないは、のちに着ない服を増やします。
  5. 試着する、できたら試着室から出ていろんな角度からチェックしようね。

 

 

どうせ買うなら、Happyな気分で!







この記事をシェアする


自分にご褒美スイーツ