大雪の帯広で、心に残る神対応「本当にありがとうございます」

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

昨日うっかり通常行動した帯広市民の方、無事ですか?

家に帰れない人の為に、市役所を開放しているそうです。

 

 

明日は休校になる小学校もあれば、娘の小学校は3時間目からで10時に校門が開くとのこと。

明日の朝は「強風と雷」に注意だそうで、お天気ひどく荒れています。

家に帰れない人がたくさんいて、コンビニは品薄状態だそうですよ。

 

 

雪に慣れてる北海道民でも、ちょっと引く降り方で、

まるでお砂糖を、買ってきたパッケージから容器に移すときを想像する感じ。

走りながら車に雪が積もり、車がスタックして(うまって)青信号でも進まない。

 

そんなときですよ、神降臨。

 

 

正義の味方は名乗らない

私の運転技術は多分、免許を持てるギリギリのラインではっきり言って超下手だ。

乗りたくないよ、でも乗らないと帯広の生活はちょい不便。

いや、絶対もう無理よ、車なしの生活なんて。

 

 

子育て中だし、仕事もしてるし、となると時間に追われて車走らせることも多々あり。

そしてね、冬は全くもって予想外のことが……え?車がうまる?

裏道なんかでスタックしたら、The-ENDです。

 

 

なんかもう、覚えていないくらいスタックして助けてもらってる。

そして「あなた様はどこのどなたですか?お礼をしたいので」なんて言う隙を与えずに

じゃ、気をつけて帰るんだよ~」と去って行く。

 

 

ヒーロー以外の何?

 

 

昨日の大雪にはてんてこまい

いやな予感もしないくらい甘く見ていた。

あれほどテレビで警告しているのに、軽んじるなかれ。

引きこもった人は、勝ち組。

 

 

何も変わらず通常生活、「帰り大丈夫?」と心配するクライアントに「全然大丈夫」と笑顔で帰途に着く。

駐車場を出てすぐに気がついた「やばい、これはあかんやつだ

こういうとき、上手に切り抜けて帰れる人もいるけど、私は見事にやるタイプ。

 

 

今回はもう家が見えてるところで、やらかしました。

とりあえず息子を家に入れ、雪を掻いていると、優しそうなおば様登場。

ここね~ダメなのよ、今日何台も埋まってるの

 

 

前に出るのは無理そうね、後ろに下がって道に出たら?

いや、でもそこが家なんで

あら~そうなの?困ったわね」緊急時なのになんだか癒やされてる私。

 

 

そうしていると、どこからか女性と男性が現れて、いろいろやってくれて車は少し動いた。

がしかし、駐車場は除雪されていないし、どこに置くべきか?

かれこれ約1時間以上付き合わせてしまった。

 

 

これ四駆?

そうです、ダメ四駆なんですよ

なんて言ったら車は怒ったらしく後輪は動きもしなくなる。

 

 

道具を持ってきてタイヤの下に置いたり、

一生懸命押してみたり、

とにかく雪を掻いた。

 

 

男性の方は限界を感じたのか「JAF呼ぶって手もあるけど」とおっしゃった。

ちょっと検索して見ると、帯広市はどこもかしこも車がピンチでレスキューしている。

家の前で埋まりました助けて下さい」なんて電話したら、

あっそ」って言われそう。

 

 

決してJAFを悪く言うわけではなく、その程度で今日このタイミングでは呼ぶべきではないだろう。

もうね、道をふさいでいなければいいから、どこでもいいから、なんとかして。

自分の無力さに放心状態。

 

 

 

なんでそんなに優しいの?

毛糸の手袋って、絞れるくらい雪にぬれても、脱ぐよりしていたほうが温かいと初めて知った。

雪が重い、スコップで掻いても持てないくらい重い。

もう何の役にも立たない私、「大丈夫ですか?」声をかけてくれる道行く人。

 

 

そんなとき男性の方が助けを呼んできてくれた、なんと除雪車と男性3名が助けに来てくれる。

もう、除雪車の明るすぎるライトがまるで神光にしか見えない。

男性3名は車を簡単に動かし、除雪車が綺麗にしてくれた場所にマイカーをおさめてくれた。




 

 

 

ありがとうございます」と取り乱す私に、軽く会釈して去って行く彼ら。

スーパーヒーロー?

そんなのよりかっこいいな。

 

 

何もしていない私、ただし全身ずぶ濡れで、ここまで約2時間雪の中にいた。

雪が降ると暖かい、-2度だから耐えられた試練。

男性の方にお名前とお住まいを訪ねようとしたら「いいですってそんなの気にしないで

しまったまたこのパターン、逃げられた。

 

 

女性の方を追いかけ「ありがとうございます、お礼がしたいんです」と言ったら、

いいです、本当に、

でも、もし困っていたら助けて下さい

 

 

そんなの、もちろんです

男性の方は女性の方とは同じ職場だとかで女性の方に「〇〇、ありがとうね」と言って去って行った。

このひととき、かなりの数のありがとうを発し耳にしたおかげか身体が温かい。

家に帰って大急ぎでスパゲティを作る。

 

 

思えば私、本当にドジで、エレベーターの隙間に(なぜ落とす?)鍵を落としたときも、知らない人に助けてもらってる。

これから困った人に遭遇したら助けてあげたい。

こうやって優しい気持ちは拡散されていくのかな。

 

 

ほんとうに、ありがとうございます。

東京23区に「大雪警報」ネットに溢れた雪だるまについて北海道民の視点で考えてみる

2018.01.25



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー