「ラインに追加するのは家族だけと決めてるんで」最近の個人的ライン事情

こんにちは、ピスチコ(pis_chiko)です。

多分ツンデレってやつだと思うんです、あの人。

でもまぁ1年付き合ってみて、ツンの割合が異常に多くないか?と思い始めています。

便利な連絡手段とは一体なんでしょう?

 

瓶に詰められた手紙

彼女仕事のリーダーなので、いろいろと連絡することもあるわけですが。

この記事のお題の通り、ラインで他人とはつながらない主義なんですって。

だから電話か、ショートメールで連絡します。

 

最初は面倒だと思ったけど、そんなに不便なこともなく。

今時間ないのに既読しちゃったよ、早く返信みたいな焦りもなく。

着信していたらかけなおせばいいんです。

 

なんだか当たり前のようにつながる、SNS連鎖にちょっとまて。

便利だけどなかなか毒があるこのソーシャル・ネットワーキング・サービス

つながったはいいけどもう誰だかわからないアカウントも、実はありませんか?

 

そんな私には彼女は新鮮な存在で、仕事中、些細なことでいちいちキレて暴言吐いてるのもなんだか新鮮で。

仕事を教わる時は良くわからない方向に厳しくて、こういうのパワハラって言うんじゃないの?と何度もキレかけたけど。

だけど実はパワハラやら意地悪な上司には免疫があるの、こんなことくらいで凹んでこなくなったりしないわよ(笑)

 

仕事覚えるまではある程度しかたがない。

みんな自分ができなかった頃の事なんて忘れちゃってるんだから。

とりあえずリーダーに迷惑かけないように、早く育ってやるとしよう。

ドーナツ事件でわかったこと

カラフルなドーナツがいっぱい

この職場で中学の同級生と再会したけど、同じクラスになったことがなくてお互いに良く知らない。

だけど彼女がいろいろ助けてくれたおかげで、今も務めていられるんだと思う。

そんな彼女が新しくできたドーナツ屋さんのドーナツが食べたいけど、予約も受け付けてくれないしなかなか買えないとぼやいていたら、かわりに買いにいってあげてもいいかなと思う。

 

その日はシフトに3人、同級生の彼女、リーダー、新人さん。

差し入れのドーナツは3個です。

仕事の邪魔にならないようにドーナツお届けサービスを終え、忍者のように去りました。

 

さて私の次のシフトの日、「美味しかったありがとう。」と言うご意見にまじって、「超胸やけした。」と言う声が聞こえてきました。

「甘すぎてくどくて、私甘いのダメだから、3日かかって食べました。」

はぁ?面と向かってそういうの言っちゃう?

 

でもね、捨てても良かったじゃない、胸やけしたなら。

本当に3日かかって食べたんだと思う、リーダーはそういう人。

カチンとくることもあるけど、私の許容範囲内。

 

好きか嫌いかって聞かれたら嫌い。

だけど当たり障りのない優しい言葉より、ちょっと意地悪な真実の方が心地良く刺さるのはなぜでしょう?

多分そこには適正な距離があるからだと思う。

ライングループが嫌いなわけ

スマホを持つたくさんの手

ライングループは苦手、もう多すぎて手に負えないし、下手に刺激したくないので放置している。

安易に参加しないでおきたいけど、そうもいかないこともある。

「ありがとう」や「了解しました」のスタンプ連打は必要なの?うるさすぎて通知をオフにするしかない。

 

既読で了解と思っているので、私はあまり個人でもグループでもラインを返さない。

そうかと思えば事務的なグループラインで、業務連絡ではない内容を数名でわいわいやる人いるでしょ?

あれはもう個別でやれって思う。

 

みんながみんな同じ感覚ならよいんだけど。

そうじゃないでしょう、住んでる世界だって1人1人違う。

それを認めないと人間関係の円滑だなんて、そんなのただの拷問。

 

ずけずけと人の都合も考えずによくもまぁ、スタンプ連打しやがってと言うわけで通知切りますよ。

アクティブなグループラインの通知を切ると困ることもあるので、ピン留めをおすすめ。

大人になってまで人間関係に悩む人は本当に真面目で優しい人だと思う、私には無理。

 

ITリテラシーに疎い人とのネットワークはやっていられないので、さっさと切ってしまうのが一番。

SNSとリアルの共通点と相違点を分かっていない人も困る。

大切なことはやっぱりリアルタイムで伝えるべき。

 

最近知り合いの美容師から、「ラインでのやりとりをやめてこれからは電話にします。」と連絡がきた。

理由をきいたら、「ラインは手に負えない。」と。

了解です。

ラインを他のSNSと比べてみる

いろんな通知アイコン

ところでクラブハウスってまだやってる人いるの?

音楽を聴きながら書いてます、今も。

個人的に耳までSNSに付き合いたくない。

 

だけどTwitterのスペースは面白そう、多分そのうち参加する。

好きな人のインスタライブは♡連打しながらコメントしてる、これはまた特別扱い。

基本的に耳は音楽聞いてる、YouTubeは見始めると止まらないのであまり見ないようにしてる。

 

Facebookはちょっと疲れてしまって、たまーに気まぐれに開いてみる感じ。

通知は自分の投稿へのアクションだけ残して切ってしまったし、ほとんど投稿しないので静かなもの。

Instagramはほぼ記録用、気になる情報がありすぎるのであえてフォローしない、シャットダウン気味。

 

常用しているのはラインとTwitter。

色々新しいのも試して見たけど、文字、文字、画像、文字、文字、画像、たまに動画のTwitterが一番楽ちん。

ルールはないけどInstagramには綺麗な写真を載せなきゃというプレッシャーを感じる、たまに見ると映える写真がずらっと並んでいるので。

 

なんだかんだ言っても今日もラインでいろんな人と連絡した。

ないと不便で困るSNSナンバーワンであることは間違いなし。

「あなたは家族じゃないのでごめんなさいね。」とお断りされて内心クスっとしてしまった、こういう手があったと。

ピスチコ
便利な時代になったけど、見たくないものは見なくていいし、無理して繋がらなくてもいいと思うよ。

TwitterInstagramで当たり障りのない情報発信中です。

シェアしてくれると大喜び!
\HOT PEPPER Beauty/ネイルサロン予約に便利

ABOUT US
Avatar photo
ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、高1娘、小5息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 受付中