【ペットロス重症】親友がいつか元の彼女に戻ってくれる日がくるのか?

ABOUTこの記事をかいた人

ピスチコ

[出身] 帯広市(現在も帯広市在住です)

[性格] はっきりしていてわかりやすい、明るくて優しいO型です

[家族] 主人、小6娘、小1息子

[経歴] 昭和生まれの40代→ひまわり幼稚園→緑丘小学校→第五中学校→東京音楽大学附属高等学校→身も心も手も壊し3歳からやっていたヴァイオリンとピアノを諦める。小さい頃からPCが好きでプログラミングの真似事をやっていた、Webデザインの会社を友達と始める→母の自営業を手伝うため帯広に一時帰省のはずだったが今に至る。

[趣味] 音楽は好き、今は心身共に元気でヴァイオリンとピアノも弾いています。コスメとスキンケアと服を愛してやみません。

[資格] ライフオーガナイザーⓇ 写真整理アドバイザーⓇ

[依頼] 「WEBデザイン」と「電子化お片付け」ホームページ制作中、ご興味ある方もう少しお待ちください!

こんにちは「電子化と見える化でらくらく片づけ」を提案するライフオーガナイザーⓇピスチコです。

先日「コックリさん」の記事を書いたら、「怖い」という感想より

「コックリさん懐かしい、私もやりました!」というコメントを多くいただき、複雑だけど嬉しい気持ちになりました。

 

 

しかも、今の小学生もしっかり「コックリさん」経験済みの子が多い。

学校の七不思議、「トイレの花子さん」や「不思議な階段」もなぜかみんな知っている。

みんな1度は通る道、そうやってみんな大人になっていくんだね。

1年経っても

親友の愛犬が虹の橋を渡って1年経ちました。

少しは彼女に元気になって欲しいのですが、全くもってです。

最後に電話で話したときに、「なんで元気出せとか言うの?ピスチコは自分の子供が死んでもそんなにすぐに立ち直れるの?

 

 

泣きながらそう言われてしまった、私が「元気出せ」とか「もう泣くな」と言いすぎてしまったのかも知れない。

でもね、寿命が違うでしょ?

ワンちゃんと人間。

 

 

わかっていても悲しいのはわかる。

私も飼っていた猫のクロが死んだときや、同じく猫のトットが安楽死するしかなかったときは泣いた。

クロのときは東京にいたから電話で様子を聞いて泣いたし、トットは白血病で病院でその処置をすると言われ、

看取る勇気がなくて病院から飛び出したくらいだ。

 

 

ペットロスについて調べる

私の親友Rはかなり深刻な状態のペットロスらしい。

心配になって調べたら、Rの言っていることや、やっていることがすべて当てはまる。

Rはブログを書いているが、内容はいまだ痛々しくて読む度心配になる。

 

 

周りの人にカウンセリングを薦められたことが書いてあった。

友達は多い方なのできっと大丈夫だと信じている。

愛犬よりも私の方が長い付き合いなのに、完敗だ。

 

 

まだ愛犬が生きていた頃

私はRに何度も言った。

好きな人を作りなよ

ペットロスにはならないでね

 

 

もちろん「何言ってんの?」と笑い飛ばしてくれて、

私は安心していた。

あの頃のように私のダメなところはダメだとまっすぐ教えて欲しい。

 

 

Rについて

Rは私が東京で初めてできた親友と呼べる人だった。

私が高校生のときに出会い、彼女は社会人。

その頃私が付き合っていた彼氏の、アルバイト先の先輩がRだった。

 

 

彼氏とは別れてもRとの関係は続き、いつからかかけがえのない親友になった。

Rはとっても強い人だけど、実はさみしがり屋で人を見る目がない。

何度人に裏切られても、信じてお金を貸したりする人。

 

 

ペットロスの発端になっている愛犬はRの元彼氏からのプレゼント。

彼には結婚する約束をした彼女がいて、Rはセカンド的立ち位置でかなり複雑だった当時。

もしかしたら、Rはまだあの男の事を引きずっているのだとしたらかなり切ない。

 

 

そう考えたら、いつも私は自分の悩みばかり相談していた気がする。

年上だからつい頼りにしちゃって、甘えてばかりいた。

あぁ聞けば良かった、Rの気持ちを。

 

 

Rと話す事で私はリセットされる。

心がニュートラルに入り、リセットされる。

今はそのタイミングがやってこなくて、常にリセット待ち。

 

 

東京にたくさんいたような気がした友達も知り合いも、今はほとんどいない。

親友はRだけだ。

Rはあの頃の私を知っている、東京にいた頃の私を知っている。

 

 

だから私を楽にしてくれるのはRだけ。

彼女と話すこと関わることが私には必要。

今私がRロスだ。


 

 

悲しい未来予想図

Rは思うに、もうしばらくはあのままだろう。

もう1年経つのに後悔ばかりしている。

「ああすればよかった、もっとこうしてあげればよかった」と自分を責めている。

 

 

ブログによると今は仕事には行っているみたいだ、少しは回復している気がする。

こんな辛い思いをするのは嫌だから、もう二度と犬は飼わないと言っていた。

そうそう私のデリカシーのない発言でそう言われた。

 

 

元気出すために新しいワンちゃん飼ったら?

ピスチコは子供が死んだら、もう1人産めばいいやって思うの?

そんな事は思わないけど、そうやって立ち直る方法もあるんじゃないの?

 

 

とにかくいつもRが元気になってくれるような事を言ってあげられない。

いつも泣かしてしまう。

というか、電話をするとだいたい泣いている。

 

 

今正直「元気~?」と電話する勇気がない。

毎年私の誕生日にメッセージをくれるのに、今年はなかった。

Rの中に私はもう存在しないのかな?

 

 

仕方がない、私は全くRを癒やしてあげられない。

そしてきっと普通の人の何倍も優しいRなので、立ち直るのも時間がかかる。

間接的に私も、何かを失った気分なのはなぜ?

 

 

もうこれ以上自分を責めないでね、R。

今、増えている「共依存」・あなたは自分というものを持てていますか?

2017.04.19



data-matched-content-rows-num="2"
data-matched-content-columns-num="2"





この記事をシェアする


otoriyoseバナー